好きな花!好きな色!シンプルなウエディングブーケで

少人数だからこそできる

会場がそう大きくならない少人数の結婚式では、好きな花だけでつくる、あるいは好きな色やかたちだけにこだわりをもって作るというのもありでしょう。好きな花だけでシンプルに、好きな色だけでシンプルにという発想でも少人数の結婚式ならゲストの視線も新郎新婦に近くなるので豪華さやボリュームがなくても、こだわりをみせることで十分にゲストの記憶にのこり喜んでもらえるでしょう。ひとつの花、ひとつの色でも十分に映えますよ。

ひとつの花をメインにしたシンプルブーケ

パイナップルミント、ローズマリー、アップルミントなど旬のハーブだけをいくつか混ぜたグリーンだけのブーケでもいいでしょう。式にでてくる料理に使われたハーブでも良いですし、ハーブを育てているのなら自家栽培のハーブを摘み取ってブーケにしてもいいでしょう。また、イングリッシュ・ローズとモスのボックス・ガーデンブーケもかわいいく、ミニバッグのようなブーケはチャイニーズカートン型のオアシスにモスを貼り付け咲き始めのローズをちょこんとのせただけでシンプルに仕上がります。ガーデンウエディングやお色直しのときに使えますよ。

ひとつの色をメインにつくる

バタークリームのような淡いイエローやクリーム色など、微妙に色合いの異なるミニバラを砂糖菓子のようにまとめたバッグブーケもかわいいですよ。パールと蝶々をプラスすれば、ロマンチックなドレスにぴったりなシンプルブーケができあがるでしょう。また、しゃくやくやオールドローズ、アスチベルなど淡いピンクの花を使ったバッグ型ブーケは甘い演出したいときにおすすめになります。バッグ型ブーケは少人数の結婚式など会場が狭くても持ち運びしやすいので便利ですよ。

少子化で呼ぶ人が少なかったり、その費用をおさえたい人が増えた現在は、結婚式なら親族のみで行いたい人が増えたので、それに見合った低価格のプランも増えています。