プロポーズ前に勉強しよう!婚約指輪の基礎知識

結婚指輪とはどのような違いがあるのか

結婚指輪は、結婚式の最中に交換をして、お互い身に付けることになります。基本的に結婚指輪は、結婚生活の間ずっと付け続けていくものになります。ただ、婚約指輪はそうではありません。婚約時から結婚式の日までに付けるものであって、長期間付け続けるタイプの指輪ではないことに注目しましょう。これが理由で、デザインに凝ることができるわけですね。大きなダイヤモンドが結婚指輪についていれば邪魔にしかなりませんが、婚約指輪についていれば嬉しいわけです。

婚約指輪は契約の意味を込めて贈るもの

婚約と言っても、一種の契約であることに変わりはありません。日本では、よほどのことがない限りは婚約時に契約書を交わすことはありませんから、他になにか証拠となるアイテムが欲しくなって当然ですね。婚約指輪は、契約書の代わりとしても使えるアイテムなわけです。これがあるだけで、一気に約束が堅いものだと感じることができるようになります。気の迷いで結婚を取りやめることも少なくなるでしょうから、ただの飾り以上の効果はあると言えます。

婚約指輪の相場はどうなっているのか

バブルの時代には、婚約指輪に大きなお金を注ぎ込むのが当たり前でした。大きなダイヤモンドのついた立派な指輪を用意しなければいけないという風潮もあったのです。ただ、最近はそうした風潮も廃れてきてはいます。デザインも自由に選べますし、値段もそれほど高くなくていいと言われるようになりました。結婚自体に大きなお金がかかるので、あまりにも高いものは若者には手が出せません。無理をして他の予算を削るよりは、そこそこのもので満足するというのが一般的です。

婚約指輪は、婚約の記念として男性が女性へ送る指輪のことです。宝石がついているものが一般的で、その代表がダイヤモンドです。その他、誕生石や真珠を選ぶ場合もあります。